スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失火責任法

2010年01月22日
もし、隣の家が火事になり、その火が延焼して自宅が燃えてしまっても、基本的には火元の隣家から賠償を受けることはできません(ただし、隣人に重い過失があったり爆発の場合は、隣家に賠償請求をすることができます)。
これが「失火の責任に関する法律」、略して「失火責任法」といい、1899年(明治32年)に制定されました。土地が狭く木造家屋が多い日本ならではの法律だといえます。

有名な大火では、1976年(昭和51年)、山形県酒田市で起こった大火事「酒田大火」があります。酒田市中心部で発生した火災は、強風にあおられて22.5ヘクタールを焼き尽くし、大きな被害をもたらしました。

日本では「自分の家は自分で火災保険をつけてしっかり守る」ことが大事ですね
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。