スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険会社の支払いも大変

2014年03月28日
今回の大雪の損害は本当にすごかった。

ざっとまとめますとこの被害で、支払いが予想される保険金は、大手損害保険グループの3社のうち、
「三井住友海上」と「あいおいニッセイ同和」を傘下に持つ「MS&AD」は、火災保険と自動車保険などでおよそ750億円
「東京海上」と「日新火災」を傘下に持つ「東京海上ホールディングス」は、およそ600億円に上ると発表しました。
「損保ジャパン」と「日本興亜」を傘下に持つ「NKSJ」は、今月20日までに支払った保険金がおよそ169億円に上るということです。


弊社でも数件の支払い請求がありました。実は自分の家も雨トイがぶっ壊れました。(東京海上に請求しました。支払いは速かった。)

今まで東京圏は雪災はありえないと力説していましたが、今回の件で考えを改めましょうか。
しかしながら損害を見ますと、多くが雨トイやカーポートといった東京圏でのやや弱腰の商品が多く、家屋に至ってはやはり結構古い家・事務所などが損害にあっておりますね。経年劣化の影響も大きいと思われます。

近年建てられた家屋の損害請求はあまりありませんでした。

保険金の支払いも保険会社により支払い条件がいろいろ違いますから各社住宅火災保険を比較されご加入されたほうがいいですね。
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。